熊本マッチフラッグワークショップ

mp2014

サッカーは文化だ。サッカーはアートだ。

サッカーワールドカップ2014ブラジルに向けて、日本代表の活躍を応援し、サッカーを愛する世界中の人びとを応援するアートプロジェクト「MATCH FLAG PROJECT 2014」ワークショップを開催。制作を通し、サッカーの魅力や、スポーツと文化の関わり、対戦する国のことを話し合おう。

アーティスト・日本サッカー協会理事 日比野 克彦


2014年5月10日 熊本マッチフラッグワークショップ参加者募集中

日程 2014年5月10日(土) 12:00〜18:00
会場 熊本市中心街 下通商店街
申込方法 事前申込不要/参加費無料
内容 日本・ギリシャ・コートジボアール・コロンビアの国旗カラーの布を用いて、2つの対戦する国の要素を入れた、マッチフラッグをデザインします。素材の布をはさみで切って、ボンドで貼り、ワークショップ形式でフラッグを製作します。
お問い合わせ先 下通繁栄会事務所(096-352-3377) mail:dot0376@shimotoori.com
主催 下通繁栄会、熊本市現代美術館(公益財団法人熊本市美術文化振興財団)
後援 熊本市(予定)

サッカー文化を創造するマッチフラッグを作ってブラジルに想いを届けよう!

2014年6月より開催される、2014FIFAワールドカップブラジル大会に向け、日本代表の活躍を応援し、サッカーを愛する世界中の人びとを応援するアートプロジェクト「MATCH FLAG PROJECT 2014」を開催。このプロジェクトは、日比野克彦が発案・プロジェクトリーダーとして、2010年のワールドカップから開始しました。対戦する2つの国のナショナルフラッグをひとつにしたフラッグをワークショップ形式で制作し、制作した仲間同士が、対戦する国のことを語るきっかけをつくり、サッカーの文化的側面を表現し、より広く社会へサッカー文化を広げる事を目的としています。

MATCH FLAG PROJECTの経緯

2009年1月熊本にて、アジアカップ予選 日本vsイエメン戦に向け、熊本市民が数百枚のMATCHFLAGを制作し、街中に掲げたことから開始しました。その後、日本各地・世界各地で展開し、2010年ワールドカップ南アフリカ大会会場で掲げられました。

MATCH FLAG PROJECT 2014 BRAZIL SCHEDULE

4月 27日 浦和/さいたま市市民活動サポートセンター
29日 水戸/ケーズデンキスタジアム水戸
5月 1日 姫路/家島小学校
3日 東京/(調整中)
4日 福島/喜多方bal
5日 新潟/新潟市美術館
10日 熊本/下通商店街
11日 岐阜/岐阜市美術館
16日 高知/高知中央公園
17日 香川/マリンウェーブ(三豊市)
6月 8日 鹿児島/(調整中)

裏2040415

2014年4月23日

関連記事

▲このページの先頭へ